北原 武道(たけみち) 若狭町議会議員 日本共産党
更新 2015.1.31
  (ホームページ開設2013.8)
 
 
HOME  近況  町議会レポート  県・全国の日本共産党の活動

 
  New  2015.1.31
  ○ 議会レポ-ト  2014.12議会まで更新
→Go
  ○ 県・全国の共産党の活動最新版に更新→Go

 
 
     プロフィール

北原 武道(きたはら たけみち)

 1945年(昭和20年)生 若狭高校から北海道大学・同大学院を経て、東京で高校教師。4年前若狭町に戻り、町議会議員に。現在2期目。福井県農民連、日本科学者会議福井支部などにも所属。若狭町下タ中在住
 
 
 「あと5年もすれば車にも乗れない、家も集落も高齢化 、地方の将来に希望が持てるようにして欲しい。」 住民のみなさんの先行きを心配する声は切実です。「政治の仕事は国民・住民の未来を、みなさんとともにプランを出し合って築いていく仕事、地方自治体の仕事は「住民の福祉」、みなさんの思いを胸に2期目の仕事にがんばります。
  2期目の公約 
 ムダをなくし、暮らし・福祉優先に! 守ろう豊かな自然と農林漁業
 
 
①一人ひとりが大切にされる「みんなが住みよい町」をめざします
 考え方や生き方は「人それぞれ」です。誰もが自由にものが言え、誰もが大切にされる社会になるよう、町づくりを進めます。 行政が人の内面を支配する(「内心の自由」を侵す)ことに断固反対します。

②地場産業の振興を
 木質バイオマスによるエネルギー関連産業を興すなど、地域経済の基礎である農林水産業を元気にします。こうした産業振興を通じて、商業・観光の活性化を図ります。
 

③福祉・教育の充実を
 国による福祉・教育制度の改悪に反対します。町財政のムダをなくし、国民健康保険税や介護保険料の軽減、 介護施設の増設、高校卒業までの医療費の無料化、高校生の通学費補助など、教育条件の拡充を図ります。

④公共事業にムダがないか検証を
河内川ダムなど大型公共工事にムダがないか、改めて検証を進めます。
 
  北原へのメール